田中智美名古屋マラソン日本人1位でリオ五輪確実?代表発表はいつなの??

この記事は4分で読めます

田中智美選手が名古屋ウィメンズマラソン2016で、キルア選手(バーレーン)に次いで総合2位、日本人1位となりました。

 

これでリオデジャネイロオリンピックの予選レースも終わり、いよいよ代表選考だけとなりました。

 

今回日本人1位となった田中選手が選出されるのか、はたまた別のランナーが選出されるのか、マラソン選考は毎度物議を醸しますが、発表が待ち遠しいですね。

 

ということで、見事名古屋ウィメンズマラソン2016で日本人1位となり、リオ五輪代表をぐっと引き寄せた田中智美選手を紹介したいと思います。

 

 

田中智美選手のプロフィール

【生年月日】1988年1月25日
【出身地】千葉県成田市
【身長】154cm
【体重】39kg
【血液型】
【出身校】
・成田市立成田小学校
・成田市立成田中学校
・千葉英和高等学校
・玉川大学
【所属】第一生命

引用:http://joy-spo.com/1370

小さい頃から足が速かったという田中智美選手。

小学校高学年の時に出場した「成田市ロードレース大会」で優勝し、中学校で陸上部に入ったそうです。

 

ですが中学、高校と目立った活躍はなく、全国大会に出場する事もなかったとのこと。

高校卒業後は教師を目指して、玉川大学へ進学します。

 

大学でも目立った活躍はありませんでしたが、その走りに目を付けた第一生命の勧誘を受け卒業後入社します。

そこでメキメキ実力をつけた田中選手は、

●2011年『第31回全日本実業団対抗駅伝競走大会』準優勝
●2012年『全日本実業団ハーフマラソン』優勝
●2014年『名古屋ウィメンズマラソン』4位入賞
●2014年『横浜国際マラソン』フルマラソン初優勝

という学生時代とは違って女子マラソン界でもトップレベルの実力をつけるまでに成長しました。

 

マラソン競技って社会人になってからパッと花開く方が多いイメージがするのは私だけでしょうか(^^;)

きっと長年の努力の賜物なんでしょうね。

 

愛らしいルックスと顔のほくろが高橋尚子選手に似てますよね。

田中選手はその高橋選手を尊敬しているらしく、同じ位置にあるほくろもそういうことでチャームポイントと話しているそうです。

 

レース終了後も疲れを感じさせない笑顔が印象的な田中選手ですが、過去にそれも曇るような衝撃的な出来事を体験してもいます。

 

世界陸上に漏れた悲劇のヒロイン

スポンサードリンク

 

マラソン2戦目となった、2014年11月16日に開催された横浜国際女子マラソン。

この大会は、世界陸上競技選手権北京大会の女子マラソン日本代表選考も兼ねた重要なレースでもありました。

 

田中選手は序盤から先頭集団に立ち、2時間26分57秒のタイムで初のフルマラソン優勝を果たします。

 

これで世界選手権代表入りは濃厚と報道されていましたが、最後の3枠目の座は、先に行われた大阪国際女子マラソンで日本人トップの2位だった重友梨佐選手に(天満屋)決まったため、田中選手は世界陸上選手権の女子マラソン日本代表を逃してしまうこととなりました。

 

この件について、Qちゃんこと高橋尚子さんや、増田明美さんなどが選考に納得がいかないとして陸連を猛抗議しました。

覚えている方も多いのではないでしょうか??

 

当時の陸連の幹部からは

「消極的なレース運びだった」

とか

「横浜マラソンでの出場選手のレベルは名古屋や大阪よりも劣っていた」

などの理由等から総合的に判断して重友選手を選出したとのことでした。

 

田中選手としては優勝したことで自信もあったでしょうに、本当に可哀想な結果でしたが、選ばれた重友選手もまた複雑な気持ちでの選出になったことでしょう。

悪いのは選考基準が明確でない陸連の規定ですよね。

個人的には直近2~3年ほどのレース出場や結果などを全てポイント化して、その総合点で選出してもよいのではないかな~と思います。

それか決め手が無い場合は、直前に最終選考レースを行い、有力選手同士で競わせるなど、、。

改善方法は色々ありそうな気がしますが、どうなんでしょう陸連さん。

 

選出される選手に非は無いのですから、代表選手が堂々と競技出来るような納得のいく選考基準、結果を示してほしいものです。

 

 

名古屋日本人1位でリオ五輪は確実か??

さてさて今回の田中選手の日本人1位の結果により、リオ五輪出場選手はおおよそ固まったと言ってもいいのではないのでしょうか。

 

まず第一には先の2015世界陸上北京大会7位入賞(日本人1位)を果たした伊藤舞選手。

 

世界陸上はトップクラスのレベルということで、入賞を果たせば五輪代表内定ということが陸連の規定で定められています。

ですので伊藤選手は文句なしに内定しています。

 

2番目には、先の大阪国際女子マラソンで、陸連設定記録の2時間22分30秒を切る2時間22分17秒で優勝した福士加代子選手。

福士選手もその優勝で代表内定と言われてましたが、陸連から発表が無かったために、今回の名古屋マラソンに出場予定とも言われてましたが、直前で回避したようですね。

 

その上での今回の田中選手の日本人1位となる2位という結果。

タイムも2時間23分19秒という中々のタイム。

これは最後の3枠を決めたといってもよいのではないでしょうか?

国内選考会は、さいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズの3レースで各大会日本人3位以内が対象。

日本陸連の設定記録(2時間22分30秒)を破った選手は優先的に1人選ばれる。

他は総合的な判断で選出される。

 

という条件からしても、ほぼ上記の3名で決定しそうですね。

ちなみにマラソン日本代表選手の発表は3月17日(木)になるそうです。

男女とも順当な結果でとなるのか、発表が待ち遠しいですね。

 

試合後のインタビューでも田中選手は

「今回は決まったと思います!!」

とのことなので自信があるでしょう。

 

私もこれほどの頑張りと努力を魅せた選手ですから選ばれて欲しいと思います。

マラソンはオリンピックの花ですから、是非ともマラソン王国日本の名に恥じないよう、実力ある選手を納得いく説明で選出して頂きたいものですね!

田中選手が選出されれば、きっと本大会も良い走りを見せてくれると期待しますので是非とも応援したいと思います!

 

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きらりんぼ☆はりーがめちゃ可愛い!

きらりんぼ☆はりーがめちゃ可愛い!

めちゃ可愛いきらりんぼ☆はりーが気になる!!

女子ゴルファーまとめ!

女子ゴルファーまとめ!

かわいい全日本女子バレーの選手達はコチラから!

かわいい全日本女子バレーの選手達はコチラから!

なでしこJAPANの魅力的なメンバーはコチラから!!

なでしこJAPANの魅力的なメンバーはコチラから!!

今話題のラグビーネタを読みたいならコチラから!!

今話題のラグビーネタを読みたいならコチラから!!

流行りのラグビーネタはこちらから!

流行のルナモンスター占いはコチラ!!

流行のルナモンスター占いはコチラ!!

ZEN驚異の身体能力はコチラ

ZEN驚異の身体能力はコチラ

2015秋ドラマ特集!

2015秋ドラマ特集!

2015秋ドラマの情報はコチラをどうぞ!

クリスマスほっこり動画3選!!

クリスマスほっこり動画3選!!