ASKAブログで盗聴・盗撮グループとの闘いを公表?統合失調症との噂は本当なの?

この記事は4分で読めます

2014年に例の事件で逮捕されてしまった有名歌手のASKAさん。

懲役3年、執行猶予4年の実刑判決を受けたASKAさんですが、1月9日に、これまでの活動や、今後について、そして例の事件についての詳細などを事細かく自分のブログにアップしておりました。
しかしこの文章はすぐに削除されてしまい、現在は見れなくなっています。。

果してブログの内容はどの様な内容だったのでしょうか?

盗聴、盗撮とは一体???

 

ASKAは長年盗聴、盗撮に苦しんでいたと告白!

ブログは「皆さまへの謝罪」「どうしてこういうことになったのかの経緯」「冤罪の訴え」の3つをテーマにかかれており、20項目に分かれて事細かく書かれています。

かなりの長文でなおかつ細かい内容なので、全部読むには少々時間がかかりますが、ASKAさんの事件に至るまでの内容、ファンへの謝罪、そして罪のない人を有罪にしてしまった後悔の念が綴られています。

スポンサードリンク

私が拝見して衝撃的だったのは、ASKAさんが長年盗聴、盗撮に苦しんでいたということ。

ブログによると、なんでもケータイ及びパソコンから、あるハッカー集団に盗聴、盗撮され、自分の行動を事細かくネット上に書き込まれていたというのです。

え?そんなことあるの??

って思いたいところですが、ケータイでも知らず知らずに遠隔操作され、情報を盗まれることとか現にありますからね。

ブログではASKAさんもそういうようなツールを使われたのでしょうか。

何年間も、盗聴盗撮行為に苦しみ、そしてその集団と戦ってきたということです。

常々ASKAさんの行動を書き込まれるということで、本人は証拠として、その書き込みを保存してあるとブログでは語っています。

そして、盗聴・盗撮行為を止めなければ、これまで保存してきた証拠を公開する、これは最終警告だ!

ということまで書いていました。

いくらネットが身近なこのご時世といっても、このような一個人を狙った盗聴・盗撮があるのか??

ASKAさんのブログ内容を拝見して正直に思った感想です。

ASKAさんはこの事を周囲に相談していたらしいのですが、やはりこの事を理解してくれる人はいなかったようです。

そして医師にもこの事を話したというASKAさん。

医師からは「うつ病」とか「精神病」と言われてしまいショックを受けたとのことでした。

この盗聴・盗撮記事を見て私も真っ先にあの病名が思い浮かびました。

そうASKAさんも噂されている「統合失調症」という病です。

 

ASKAは統合失調症?その症状とは??

スポンサードリンク
統合失調症とは、日本でも100人に1人の割合で発病するという、近年身近に感じる病気です。

ひと昔前までは、「精神分裂病」という、マイナス的な側面を助長させる病名でした。

統合失調症の主な症状に、幻聴・幻覚というものがあります。

その名の通り、統合失調症患者には、大方この症状が見られ、特にほとんどの患者は幻聴が現れ、その症状に悩まされるというものがあります。

その内容は、「自分は監視されている」とか「テレビの人物に見張られている」「自分の話すことが周囲に漏れている」

などというものが多いです。

実は私の身近にもこの病気で苦しんでいる方がいます。

その人によると、幻聴はすぐ近くで話しているような、はっきりとした声で、耳元というよりも頭の中に響いてくる感じで聞こえてくるそうです。

そのため、「幻聴だ!」と自身では中々認識することが出来ず、その声の言うままに行動してしまうようになります。

しかもその幻聴の内容は、自分の悪口がほとんどだそうで、このことが、

  • 周りから自分が悪者扱いされている
  • 自分の行動が見透かされている
  • 盗聴されている

などという被害妄想に襲われてしまうのだそうです。

これは中々健常者には理解しがたい現象(私も全部理解は出来ていません。。)ですが、患者にとっては現実に起こっているかのような感覚なので、症状が悪化してしまうと、日常生活を送ることが困難になるほど幻聴に支配されてしまい、廃人同然の様な生活を送る可能性もあります。

そしてここが統合失調症患者にみられる厄介な点なのですが、幻聴はあたかもすぐそこではっきりとした声で自身に聞こえてくるので、

「幻聴では無く実際に起こっていること」

と、急性期の患者は思ってしまうということです。

そして、幻聴の1ランク上の症状で幻覚があります。

これは幻聴より厳しい症状で、ありもしないことが目の前で起こっているかのような感覚に苦しまされる病状です。

私の知人の例では、「自分がテレビの中に入った」とか「手足がまるでルフィのように伸びている」などというものがあります。

正直幻聴もかなり苦しいものですが、幻覚は視覚的にダイレクトにありもしないことが飛び込んでくるので、前者よりも恐怖に感じる症状だと思います。

実際にはそんなことないのに、患者にはそれが身の回りで起こってしまっている、何せ当の本人には、実際の事として聞こえたり、見えたりしているのですから。。

私も少しこの病について知識がありますが、ASKAさんのブログを拝見したときに、うっすら近いものを感じてしまいました。

医者や周りからも、その病名をうかがわせる内容を言われた、とASKAさんは語っていますが、ブログ終盤になっても、盗聴盗撮行為は実際にあり、自分がハッカー集団のターゲットにされている、と話しています。

少しでも統合失調症という病に触れたことがある人なら、その患者と同じものを感じてしまう、と思います。

症状はあっても病識がない。

この病気の患者に良くみられる症状の一つでもあります。

 

ASKAは精神病?実際はどうなの??

→ベッキー&ゲス極川谷不倫の新画像も掲載か?週刊文春の次号もヤバイ内容だと話題に!

 

だからといって、私はASKAさんのブログを拝見しただけで、ASKAさんを実際に見た訳ではないので、はっきりとしたことは分かりません。

ブログでは、

「盗聴・盗撮行為の証拠を保存してある。」

「行為を止めないと世間に公表する。」

「ネット関係に精通する友人にもハッカー集団からメールが届いた」

などの記載がありましたので、被害にあった盗聴・盗撮は真実かもしれません。

ですが、少々の知識がある私から言わせれば、統合失調症で苦しむ方が言いそうな内容であることもまた事実です。

当の患者本人に病識がないことが多々あるという、この病の典型的な症状があることも考慮して、私たちはASKAさんのような内容の記事も見なければいけません。

バッテリーを外したケータイや電源を切ったパソコンから、盗聴、盗撮という行為が、長い間続けられ、それがネット上で公開されている。。

この様な事が起こらないとも言えなくはないですが、一人の人間を長い間、しかも複数名で監視するというのが、果たして合理性があるものなのか??

個人的には疑問符が残るところです。

ASKAさんは今回のブログで、特に例の事件で罪もない人(=愛人のTさん)を巻き込んでしまったこと、そしてその方が有罪判決を受けたことを後悔した上で、自分が精神的に弱かったことを反省していました。

そしてここまで精神的に弱っていたのは。この盗聴・盗撮の証拠集め、ハッカー集団との闘いで焦燥していたことも原因の一つだということです。

例のものを使用することにより、盗聴・盗撮の証拠集めを不眠不休で続けた。とする内容もあります。

ブログ内容ではASKAさんの音楽に対する熱い思いや、復帰に対する気持ちが綴られています。

私もASKAさんの歌を聴いて励まされた世代ですし、もう一度復活したチャゲアスの歌を聴きたいです。

もし、例の事件での後遺症を回復出来たとしても、盗聴・盗撮に悩まされる問題が残ります。

その根本が万が一病気によるものだとしたら、それを治療しない限りは、結局同じ世界に踏み込んでしまう可能性もあります。

ただの一般人ではない、世間的に名声を博した有名アーティストですから中々難しい面もあるかと思いますが、一度こういう側面とも向き合ってもらいたいものです。

完全復帰を願うにわかファンの一人としてもそう思います。
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きらりんぼ☆はりーがめちゃ可愛い!

きらりんぼ☆はりーがめちゃ可愛い!

めちゃ可愛いきらりんぼ☆はりーが気になる!!

女子ゴルファーまとめ!

女子ゴルファーまとめ!

かわいい全日本女子バレーの選手達はコチラから!

かわいい全日本女子バレーの選手達はコチラから!

なでしこJAPANの魅力的なメンバーはコチラから!!

なでしこJAPANの魅力的なメンバーはコチラから!!

今話題のラグビーネタを読みたいならコチラから!!

今話題のラグビーネタを読みたいならコチラから!!

流行りのラグビーネタはこちらから!

流行のルナモンスター占いはコチラ!!

流行のルナモンスター占いはコチラ!!

ZEN驚異の身体能力はコチラ

ZEN驚異の身体能力はコチラ

2015秋ドラマ特集!

2015秋ドラマ特集!

2015秋ドラマの情報はコチラをどうぞ!

クリスマスほっこり動画3選!!

クリスマスほっこり動画3選!!